メルカリで出品・購入した商品をキャンセルする方法


商品をキャンセルする方法を紹介します。

「出品した商品をキャンセルしたい」「購入した商品をキャンセルしたい」など様々な理由で、キャンセルをする方法をご紹介します。。個人的な理由でキャンセルしたい場合でもしっかりとした手順を踏むことで、キャンセルをすることができます。

スポンサーリンク



キャンセルについて

メルカリでは基本的に、取り引きされていない出品中の商品はキャンセルすることができます。

出品した商品をキャンセルする

出品した商品を編集し、一番下の方にある「出品を一旦停止する」の項目を選択することで停止することができます。また再販したいときも、同じ場所にある「出品を再開する」の項目から再開することができます。

取り引きされた商品をキャンセルする

一度、取り引きが開始された場合(購入した・購入された)は、基本的にキャンセルすることはできません。

メルカリ側はキャンセルできる条件をそれぞれこう説明しています。

出品者によるキャンセル:
購入手続きから3日以内、購入者による支払いがされていない場合。
購入者によるキャンセル:
発送までの日数を3日過ぎても発送されず、出品者からの取り引きメッセージが3日以上ない場合。

以上の条件を満たしている必要があります。

しかしながら、これらの条件を満たせない場合、特に個人的な理由での場合もありますよね。「やっぱり売りたくなかったのに…!」「出品する値段を1ケタ間違えた!!」などなど。

私もこの条件を満たせませんでしたが、キャンセルすることができました。手順を踏むことでキャンセルが可能になる場合があるので、その手順を説明していきます。

どうしてもキャンセルしたい

メルカリ側が定める条件を満たせないけれどキャンセルしたい!という場合の手順をご説明します。

スポンサーリンク



1)相手に事情を説明する

謝る人

まず、相手に事情をしっかりと説明します。

ただ「やっぱり出品取り消します!」や「お金払えませんでした!」とコメントしても、相手には伝わりません。

もし自分が逆の立場になったとき、どんな言葉で説明されたら納得する(納得させられる)かを考えて説明しましょう。

「○○××の理由で」と気持ちを込めて丁寧に説明すれば、納得してくれる方と思います。

2)運営に連絡する

次に運営に連絡をします。相手に了承をもらえても、出品者・購入者のどちらからも取り引きのキャンセルを行うことはできません。

キャンセルはお問い合わせから行います。

商品をキャンセルする方法を紹介します。

まず、メニューから「お問い合わせ」を選択します。

商品をキャンセルする方法を紹介します。

次に、「トラブルがあった」の項目を選択します。

商品をキャンセルする方法を紹介します。

そしてトラブルの原因はどちらなのかを選択し、詳細を入力していきます。

あとは運営の方から連絡がくるのを待ちましょう。1日以内に連絡がくるので、指示に従いキャンセルが行われます。

この際に、相手に連絡をいれているかどうかが重要なポイントとなります。

キャンセルのお願いだけを運営に連絡しても、規約違反として罰則を受ける場合がありますので注意してくださいね。

スポンサーリンク




You may also like...