メルカリを一ヶ月で10万円稼いだので、売れるようになるコツをご紹介


お久しぶりです。たいがーです。

メルカリを初めて一ヶ月とちょっと。部屋の掃除をきっかけに入らないものを売っていきたいと始めたメルカリですが、気がつけば1ヶ月で10万円の売り上げでした。売れる商品はどんなものだったのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク



家電が一番売れる

あ

一番売れるのは家電でした。その中でも一番高値だったのが2009年製のテレビで、¥39,000で売ることができました。

10%は手数料としてとられ、送料が4500円だったので売り上げ額は3万円ちょっと。だいぶ昔の型落ちしたテレビがこれだけの値段で売れるのは、やはりメルカリだからだと思います。

もしお店に売りに行ったとしたら、5000円札をもらえればいいほうだったと思います。

次に高価だったのが液晶モニターです。イヤホンジャックが壊れていたのにもかかわらず、¥9.800で売ることができました。売り上げ額は9千円くらいですね。

お店で売れば2,3千円程度だったでしょう。壊れたことを説明し詳細を書きましたが、やはり欲しいという人はいるのですね。

商品をもっと売りたい・高く売りたいなら

自分の商品を高く売りたいと思うのは当然のことですが、値段を高く設定しているだけでは売れません。

商品の詳細を適切に書く

商品の詳細を適切に書きましょう。当たり前のことですが結構できていない人が多いようです。
詳細を書くことによりキーワードが増える=検索でヒットして買ってもらえる確率が増えると言うことになります。
良い点、悪い点を含め面倒かもしれませんがしっかり書くことが大切です。

スポンサーリンク



コメントには丁寧に対応する(値下げコメントにも)

コメントには丁寧に対応します。どんなコメントにもしっかり返信しましょう。また、商品詳細で「ご質問等あれば受け付けております。」等々、コメントしやすい環境を作ってあげることも大切です。

よく、商品詳細を見ると

「値下げ交渉は不愉快なのでやめてください」

という注意書きみたいなのがあるのですが、あれ勿体無いと思います。
せっかく値下げ交渉して買いたいと思っている人の目に留まったのに、自ら機会を手放してしまっていると思います。
過度な値下げがきても、「お答えすることはできません。」と一言断ればいいだけのことなのです。簡単です。
需要があり値下げ交渉が多く来ることが予想される場合は、それを見越して少し高く設定するなど対策はあります。
自ら縛りをかけて、販売の機会を逃さないほうがいいでしょう。

需要がある商品は、多少高くても粘る

需要がある商品は多くの人の目に止まる=注目が集まるということです。
多少自分が思うより高い値段で設定しても売れる場合があります。

例えば、私が売ったテレビですが、販売一週間ほどは「値下げしてください」「○○円にできませんでしょうか」というコメントであふれていました。ということはそれだけ注目が集まっているということです。なので「しばらくは値下げする予定はありません」と断りをいれていたところ、2週間して売ることができました。

もし大きな額の商品を販売し、尚且つそれが需要のある商品なら、売れないからといってすぐに値下げするのではなくしばらく粘ってみるというのもポイントです。

メルカリでの値段設定は大切なポイントですが、それだけではありません。メルカリのシステムと特徴をしっかり理解して、自分にプラスになるよう活用していきましょう。

スポンサーリンク




You may also like...