安くて簡単!商品の発送に便利な「らくらくメルカリ便」の使い方ついて


安くて簡単に使えるらくらくメルカリ便について説明します。

商品を送りたいけど、「送り状を書くのがめんどくさい!」「字が汚いから書きたくない!」という方は多いようです。そんな方の悩みを解決すべく誕生したのが「らくらくメルカリ便」です。2015年5月にサービスが開始してから、その便利さから、たくさんの方に使われていますが、使い方を知らない人がまだまだいるみたいです。そんな便利ならくらくメルカリ便について説明していきます。

スポンサーリンク



メルカリ便について

メルカリ便は、具体的に2つの手間をなくしてくれます。それは

  • 送り状を書かない
  • 送料を計算しない

この2つの手間を省略してくれます。

送り状は、専用のバーコードをかざすことで自動で宛先を印刷してくれます。
気になるのは、「送料はどうなるの?」ということですね。私も驚きましたが、送料を自動で計算してくれて、自動で売上額から引いてくれます。つまり、サイズや重さを測らなくていいということです。

さらに、全国どこでも一律の送料なので、北海道や沖縄の人でも安心して使うことができます。

らくらくメルカリ便の対応店舗

らくらくメルカリ便はクロネコヤマト営業所で取り扱っています。そこにある専用の端末「ネコピット」で手続きを行います。

ネコピットの使い方です。

お近くのクロネコヤマト営業所はこちらから検索することができます。

「ネコピット」操作は難しくありませんが、もし分からない場合はヤマトの方に聞けばスムーズに操作できます。

スポンサーリンク



梱包の種類

メルカリ便は、3つの発送方法があります。

  • 小型サイズ(A4) – ネコポス
  • 小〜中型サイズ – 宅急便コンパクト
  • 中〜大型サイズ – 宅急便

小型サイズ(A4) – ネコポス

アクセサリー、スマホケース、薄手の衣類などに最適なサイズです。料金は全国一律195円です。

小〜中型サイズ – 宅急便コンパクト

子供服、小型のおもちゃ、雑貨などに最適なサイズです。料金は全国一律380円です。※箱代が65円かかります。

2つのネコポスの梱包について説明しています。

中〜大型サイズ – 宅急便

小型サイズ・小〜中型サイズ以外はこのサイズになります。料金は縦、横、高さの合計で決まります。

  • 60サイズ(2kgまで):600円
  • 80サイズ(5kgまで):700円
  • 100サイズ(10kgまで):900円
  • 120サイズ(15kgまで):1000円
  • 140サイズ(20kgまで):1200円
  • 160サイズ(25kgまで):1500円

サイズがわからない場合は、商品をそのままクロネコヤマト営業所まで持っていきましょう。サイズを測って専用の箱を用意してくれます。

スマホでの操作・発送方法

ネコピットを使うときは、スマホにバーコードを表示させる必要があります。そのときの手順を画面を交えながらご紹介していきます。

メルカリ便の使い方です。

まず、商品のサイズを選択します。選択をしたら下にある「2次元コードを取得」を選択します。

メルカリ便の使い方です。

するとコードが表示されるので、あとはネコピットに従いコードを読み込ませれば、送り状を印刷してくれます。

らくらくメルカリ便を使うときの注意!

らくらくメルカリ便は、合計金額が1000円以上でないと利用することができません。1000円以下で販売している商品と、1000円以上でも商品が大きいと配送料が余計に取られてしまいますのでご注意ください。

いかがでしたでしょうか。らくらくメルカリ便を上手く使うことで、宛先を書き、発送料を計算する手間がなくなりますので、利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




You may also like...