メルカリで値下げ交渉をする人は購入意欲の高い人です。返信の言い方とコツ。


値段交渉について説明していきます。

メルカリで値下げ交渉してくる人を嫌う人もいるようですが、ちょっと待ってください。その人はコメントをしてまで購入したいと考えている購入意欲の高い人ですよ。せっかくのお客さんを自分から遠ざけてしまうのはもったいないです。値下げ交渉に返信するときの言い方とコツを紹介します。

スポンサーリンク



値下げ交渉について

値引き交渉に悩んでいます。

メルカリで商品を出品・検索していると、コメント欄で値下げをお願いする人を見たことがあると思います。

こうした値下げ交渉は、オークションや他のフリマアプリをでは滅多にありません。値下げ交渉のコメントが多いのはメルカリの特徴でもあります。

この値下げ交渉を、メルカリ側は認めています。

メルカリ側

お好きなようにして構いません。できないものはできないと返信するのが良いです。

メルカリ側はこう答えています。なので、値下げをしてもしなくてもどっちでもいいんです。

「なんでだよ!」「また値下げコメントされた!」と怒るのもいいですが、勿体ないです。

メルカリの特徴でもあるこの値下げ交渉、せっかくなら上手く使いたいと思いませんか?

スポンサーリンク



値下げ交渉をしてくる人は、購入意欲の高い人。

値下げに悩む人です。

値下げをお願いしてくる人は、商品を買おうか悩んでいる人です。

さらに言うと、コメントをしてまで商品を欲しいと思っている購入意欲の高い人です。そのことを忘れてはいけません。

たまに、考えられないような額の値下げを要求をされることもありますが、相手が非常識でも自分には関係のないことであり、相手がお客さんであることに変わりはありません。

値下げ交渉に応じない場合でも、コメントで返信する必要があります。

その場合の対応

○○様

大変申し訳ありません。そちらのお値段で販売することはできません。

完結でも、このような適切なコメントが求められます。

プロフィールに「値下げ交渉禁止」と書かれている人に多い返信として、「プロフィール読んでください」「商品説明読んでください」と返信する人がいますが、それは自分の都合ですよね。

必ず読まなければいけない規約なんてありません。

むしろ丁寧に返信することで、相手は今の値段で買ってくれるかもしれないのですから、自分から遠ざける必要はないのです。

いかがでしたでしょうか。せっかくの購入希望者を自分から遠ざけてしまわないよう、しっかりと対応しましょう。

一度断りを入れると、次は前より少し値段を上げた額でお願いされることもありますが、その都度適切な対応をしていきましょう。それだけ商品が欲しい人なのですから。

スポンサーリンク




You may also like...