メルカリでの支払い方法について


支払い方法について説明します。

メルカリで買った商品の支払い方がたくさんあります。方法によって手数料がかかるもの、期限内に払わなければいけないものなどがあります。上手に支払い方を選択することで、無駄な出費を抑えスムーズに買い物ができるかもしれません。ここではそれぞれの支払い方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



6つの支払い方法を上から順に紹介していきます。

  • クレジットカード
  • コンビニ支払い(手数料100円)
  • ATM支払い(手数料100円)
  • ドコモ ケータイ払い(手数料100円)・auかんたん決済(手数料100円)
  • 売り上げ支払い
  • ポイント支払い

クレジットカード

他の支払い方法に比べると、他のネット決算でも使われる人は多いのではないのでしょうか。ですが、初めて使われる方に心配なセキュリティからお話しします。

メルカリは「CtoC」と呼ばれる、個人と個人の取り引きを仲介する業者です。ですので、「相手にカード番号や他の情報も伝わってしまう」という心配はありません。支払われたお金は、一旦メルカリ側が受け取ってから、相手に渡ります。ですので、クレジットカード番号を相手に伝える必要もありません。すべてメルカリが管理してくれます。

メルカリ内でのお金の流れです。

クレジットカードで支払う利点はまず、手数料がかからないことです。さらに、購入から支払いまですぐに行うことができるので、取り引きもスムーズに行えるでしょう。こうした理由からクレジットカードを人が多いのでしょう。

また、支払うことのできるカードプランは

  • VISA
  • MasterCard
  • SAISON CARD

の3タイプです。SAIZON CARDはどのカードプランでも使うことができます。

コンビニ支払い

コンビニは24時間時間営業がほとんどなので、いつでも支払いができることが魅力の一つです。こちらは手数料が100円かかります。支払いのできるコンビニは

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • スリーエフ

上記の7店舗に対応しています。店舗によって端末を使ったり(Loppi,ファミポートなど)、商品コードを定員さんに伝えるなど方法が異なります。払うコンビニを決めたら、案内が表示されるので指示に従えば支払いはむずかしくありません。

ATM支払い

ATMでの支払いは、公共料金や税金など各種料金の決済代行サービスであるペイジー(Pay-easy)が使われています。こちらは手数料が100円かかります。ATM支払いを選択すると詳細が表示されます。
atmの使い方について説明します。

指示に従い進めていけば、むずかしくはありません。
ネットバンク口座を持っている人は、ペイジーと提携すればATMへ行くことなくネット上で支払ができるので便利です。

スポンサーリンク



ドコモ ケータイ払い・auかんたん決済

ドコモとauの端末を持っている人が、簡単に使える決算サービスです。決算画面でそれぞれのキャリア(ドコモ・au)を選択し、暗証番号を入力するだけで購入できます。商品代金は携帯利用料金に含まれ決算されます。こちらは手数料が100円かかります。クレジットカードを持っていなくても簡単に支払えるサービスです。利用方法がわからない方は下からお選びください。

利用方法について
ドコモ ケータイ払い
auかんたん決算

売上支払い

売上支払いは、メルカリ内で販売した売り上げ金額で支払います。手数料はかかりません。

ポイント支払い

メルカリのポイントは1P=1円で計算されます。ポイント支払いも、手数料がかかりません。昔は売り上げ金をポイントに換金して利用できたのですが、いまはできなくなりました。なのでポイントの貯める方も少なくなってしまいました。ポイントの貯め方はについてはこちらで紹介しています。

いかがでしたでしょうか。自分にあった支払い方法でスムーズなお取引を心がけましょう。

スポンサーリンク