梱包方法はどうしよう?商品を発送する際の梱包方法について


メルカリでの梱包して発送するまでの方法について紹介しています。

商品を発送するとなると、梱包して発送しなくてはいけませんよね。でも「どうやって梱包したらいいんだろう?」と悩まれる方も多いはず。ここではその梱包方法とコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク



梱包の仕方

まずは梱包するために必要になるであろうものを整理していきます。

  • 外箱(ダンボール・封筒など)
  • クッション材(プチプチ・新聞紙など)
  • 梱包用テープ(マスキングテープ・紙テープなど)

外箱(ダンボール・封筒など)

まずは発送する際にもととなる外箱を決めます。洋服や1冊の本など薄いものであれば封筒、複数の洋服や本、厚みのある大きめの物などはダンボールがいいでしょう。

クッション材(プチプチ・新聞紙など)

次にそれらをクッション材で包みます。洋服などは袋に入れる程度でいいかもしれませんが、CDやガラスなど割れ物や壊れやすいものは必須です。「届いていたら割れていた!」ということになると大変です。しっかりとプチプチなどでくるみ割れないようにしましょう。

梱包用テープ

梱包用テープにはマスキングテープや紙テープなどがあります。ダンボールなどにはガムテープで止めてしまうものありです。封筒などには頼りないですが、セロハンテープでもとめることはできます。もしなければノリで口を止めてしまう方法がいいでしょう。

気をつけること

ここで注意するのは、商品との間に隙間を作らないようにすることです。発送中に商品が揺れたりしても大丈夫なようにしなくてはいけません。
梱包の仕方が悪いと自分の評価が下がり、商品が売れなくなってしまうかもしれませんので気をつけましょう。

スポンサーリンク



梱包材にお金をかけない

梱包材料にはお金をかけたくないところですよね。なので、できるだけ買わずに済む方法を考えてみましょう。

新聞紙

新聞はあらゆる場面で役に立ちます。新聞を取っている方は梱包に役立つかもしれません。コップなどガラス物にも使えますし、厚みがでにくいので工夫してみてください。

お中元の箱・靴の箱など

大きなものになると外箱が必要になりますが、外箱もヤマトで買うと100円から300円ほどしてしまいます。いつもは捨ててしまうような箱も発送に使えるかもしれないので取っておくといいでしょう。

送られてきたものを再利用

メルカリで購入するときもありますよね。そのときに使われていた梱包材、捨ててしまってませんか?意外と使えるのがこの再利用です。プチプチや梱包紙、ダンボールなどは取っておくと使えるかもしれません。

ヤマト出張所に頼む

お願いをしています

裏技的な方法ですが、外箱は買わなければいけませんが、梱包はお願いすると実はヤマト側がやってくれます。なのでプチプチを買う必要も、新聞紙を用意する必要もなかったりするんです笑。もし「梱包するものがない!」というひとは、商品を裸のまま持って行くと大体はやってくれるので安心してください

発送方法

発送方法は断然らくらくメルカリ便をお勧めしています。なぜかというと、圧倒的にらくで簡単だからです(そのままですが笑)。もし発送で悩んでいる方はらくらくメルカリ便を使うことをお勧めします。
らくらくメルカリ便の使い方については、らくらくメルカリ便の発送方法で紹介していますのでそちらを見てください。

スポンサーリンク




You may also like...