メルカリで中古本を買うときに気をつけておきたい3つのこと


本を買うときに気をつけたいこと

メルカリで本を買うとき、どんなことに気をつけて購入していますか?

スレや破けなどの基本的なこと以外にも、気をつけておかないと「せっかく買ったのに読みたくない!」ということになってしまうかもしれません。

ここでは、本の商品説明には書かれていないけれど、確認しておかないと後悔してしまう3つの項目をご紹介します。

スポンサーリンク



1)擦れ・破れ・汚れ

まず確認しておかなければならないのは、本に傷などがついていないかです。

商品の状態は「商品の状態」の項目から確認できますが、それ以外に写真で確認することをオススメします。

擦れ・破れ・汚れなどの情報は商品説明欄に書いてあることが多いですが、写真でどの程度なのか実際に確認してみましょう。

特に本の淵、手で触る部分をよく確認してください。本の上よりも手で触る部分の方が汚れはつきやすく、読むときに気になります。

2)書き込みはないか

「所々に書き込みがあります。」と商品説明が簡潔だと、読める程度のものなのか判断ができません。

特に、参考書には書き込みがある場合が多いです。

こちらも同様に、写真でどの程度の書き込みがあるか確認してましょう。

スポンサーリンク



3)ペット・タバコの臭い

禁煙マーク

これは最重要ポイントではないでしょうか。

スレや破け、書き込みの情報は載っているけれど、ペットやタバコの臭いについてはほとんど書かれていません。

喫煙をしない人にとって、開けるたびにタバコの臭いがする本は読みたくありません。

タバコの臭いを確認しなかったせいで、せっかく購入した本を読まずに捨てた経験を何度かしてきました。

喫煙をしない人、タバコの臭いが気になる人は必ず確認したほうがいいでしょう。

失敗しないために

7

こうした情報は商品説明欄に必ず載っているとは限りません。先ほどのように、タバコの臭いについてはほとんど書かれていません。

「擦れの状態が気になるので、写真でお願いできますでしょうか?」「タバコはお吸いになりますか?」といったように、気になる箇所を出品者に聞いて確認しましょう。

失敗しないためにも、出品者とコミュニケーションをとることが大切です。

いかがでしたでしょうか。「せっかく買ったのに読みたくない!」なんてならないよう、購入前に一度確認してみることをオススメします。

スポンサーリンク




You may also like...