その発送予定日で大丈夫?発送までの日数の決め方と大切なこと


発送予定日

メルカリには商品を出品するとき「発送までの日数」の項目を決めなくてはいけません。購入する・購入した商品が発送までにどのくらい日数がかかるのか、購入者は気になるところです。なので発送予定日を正確に設定することで、商品に対する信頼度も上がります。ただ、無理に早い発送予定日を設定をすると「発送はまだか!」と購入者に催促されてしまいます。ここでは発送までの日数の決め方と大切なことをご紹介します!

スポンサーリンク



発送までの日数と選び方

発送までの日数

商品を出品するときに「発送までの日数」という項目の中に選択肢が3つあります。

  • 1日〜2日
  • 3日〜4日
  • 4日〜7日

発送まで早いに越したことはありませんが、自分が無理なく発送できる日数を選ぶということが大切です。

たとえば「平日は仕事・学校で忙しくて、土日しか時間がない」という方は4日〜7日がいいでしょう。
また「私は平日でも郵便局が近くにあるからいつでも大丈夫」という方は1日〜2日を選択できます。

ここでは無理せず確実に発送できる日を選びましょう。

商品が購入されたら

発送日時を知らせる

商品が購入されたら、購入者に発送する予定日を知らせましょう。「項目に書いてあるから」「あとで発送通知を送ろう」では購入者を不安にさせてしまいます。

商品が購入されたタイミングで発送できる日が決まっている場合は、すぐに伝えましょう。

「ご購入ありがとうございます。
発送は◯◯日を予定していますので、発送しましたら通知させていただきます。」

「発送までの日数」の項目を決めることより、購入されてから発送予定日を伝えることの方が大事です。忘れないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。商品を見ている人は、発送までの日数を見て商品を選ぶわけではないので、「発送までの日数」の項目では余裕を持って選択しましょう。大切なのは、購入されてから発送予定日を伝えること。トラブルのない取り引きを心がけましょう!

スポンサーリンク







You may also like...